| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

魚住かおる『悪霊退散大作戦』



◇2巻(続刊中) ◇朝日ソノラマ ◇ネムキ

大学受験に失敗した遠藤みちるが始めた商売はインチキ霊能者。
初仕事から悪霊に殺されそうになったみちるは、
助っ人として9歳の甥っ子・武衛を呼びよせる。
武衛とともに悪霊・鬼姫退治に挑むみちるだが……。

ブログ復帰記念のマンガは『悪霊退散大作戦』。
『百鬼夜行抄』と同じ『ネムキ』に掲載されている。
隔月発行の雑誌のうえに、『悪霊…』は毎号載っている訳ではないので
コミックになったと知った時は本当に嬉しかった。
絵柄は一見、今市子さんっぽくもあるんだけど、
『百鬼夜行抄』のような、静かな怖さとかちょっと心に残る話とかは
このマンガには一切ない。あるのはただどこまでもお馬鹿さんな叔父と甥っ子の話。
いい加減なみちると、すぐに暴力に走る武衛。二人をバカにしながらも
結局手助けしてしまう元悪霊の鬼姫がかわいい。
巻末の書き下ろしが一番私のツボにはいった。
近所中に聞こえるくらいの大笑いだったと思う。

しかし、本になるまでずいぶん長くかかってるなー。
1巻に収録されているのは第1話から第6話なんだけど
第1話の掲載が2001年で第6話が2004年。
多くて年に2回しか掲載されていない。2002年は1回こっきり。
このペースだと、2巻目は一体いつになるんだろう?
と思っていたら何と11月に2巻目が発売されていた。
スポンサーサイト

| 女性誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

茶木ひろみ『銀の鬼』



◇文庫全3巻 ◇ソノラマコミック文庫
■『銀の鬼』amazonのサイトへ

幼い頃に鬼と遭遇するという、不気味な経験を持つ夏乃ふぶき。
担任教師・島影十年(とね)に恋心を抱き、
普通の高校生活を送るふぶきだったが、転校生の近松を見た瞬間、
「大きくなったら迎えにくる」という鬼の言葉を思い出す。
近松を鬼だと疑うふぶきだったが……。

まず最初に一言お礼を申し上げたい。
朝日ソノラマ様、どうもありがとう。
20年経って、まさか茶木ひろみ作品が復活するとは!
書店で茶木ひろみの文字を見た時に「っおおぉ」って思わず声が出ちゃったよ。
文庫の下巻(3巻)には何と書き下ろしの続編『銀の幽霊』が収録されている。
他の作品も文庫になって出てくれないかなー。頼むよソノラマさん。
引退して増版も全然されていなかったから、茶木作品には幻の作品がいっぱい。
『私の首領(ドン)』『姫ークラシックガール』『17の赤くなる病気』
『悪徳の栄え』『真珠姫』『女の子のピアノ線』『なないろ七日目』
『純恋夜』『ももいろ宝石』『かのこ』『おれは薔薇』………(汗)
調べもしないのに、そらでスラスラ作品名が出てくる自分に驚き。
っていうかすごいタイトルだな。『悪徳の栄え』とか『おれは薔薇』って……。
それだけ印象深いマンガ家さんだったんだなー。

それにしても『銀の鬼』はとてつもないストーリーだと思う。
思いっきりネタばれだけど、ふぶきが神だったというシーンでは
ずっと昔リアルタイムで読んでた時と同じように
「ありえねーっ!」って叫んでしまったよ。読むのは2度目なのに……。
時を経て全く同じリアクションをとるとは想像してなかった。
私の心はまだ少女のままなのね……。(もしくは激しい健忘症)

| 女性誌 | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。