PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

芳崎せいむ『金魚屋古書店出納帳』



◇上・下巻(続編『金魚屋古書店』2巻)◇小学館 ◇IKKI COMICS
■『金魚屋古書店出納帳』amazonのサイトへ

漫画専門の古本屋『金魚屋』がこの作品の舞台。
そこで繰り広げられる、人と漫画達のエピソードを綴った作品。
『金魚屋』は入院中の“伝説の店長”のしっかり者の孫娘・菜月が切り盛りしている。
店の地下には膨大な在庫数を持つ漫画棚のダンジョンが広がっていて
そこには漫画の生き字引のような青年・斯波が間借りしている。
『金魚屋』には漫画好きの人はもちろん、そうでない人も、
それぞれの思い出の漫画を求めてやってくる。

簡単に説明すれば、実在する漫画の事を描いた漫画。
『サイボーグ009』、『タッチ』、『ゴルゴ13』等々
とにかくいろんな漫画が登場する。
中には古すぎて読んでないものもいっぱいあるんだけど
それぞれのキャラクターが抱える漫画作品との思い出に
実際の作品を読んでもいないのに、思わず感動してしまった。
この作品の続編として『金魚屋古書店』が2巻出版されている。
『金魚屋古書店』では“伝説の店長”や奈月の家族が描かれていて
人間関係もより面白くなっている。

「たかが紙の上の世界」ではない特別な何かが漫画にはある。
他の人にとってはつまらない漫画でも
ある人にとっては一生忘れられない漫画だったりする。
この作品を読んだ後、飛行機に飛び乗り実家に帰って
昔読んだ漫画を引っ張り出したくなった。
でもそんな漫画達はもういない。
改築の時にそのほとんどが処分されたから……(号泣)。
なので私の部屋はここ数年の大人買いのせいで
どんどん漫画で埋め尽くされている。
処分できる時にある程度は売っちゃったりしてるんだけど
なかなか手放せない漫画というのは結構あるもので
私の漫画の山はどんどん高くなる一方なのです。
スポンサーサイト

| 青年誌 | 15:40 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

電車の中で下巻を読んで不覚にも泣きそうになってしまった。
私の涙腺はどこまでゆるむのだ?
ああ。私もジョーに会いたい。私は小学生のころ、自分がフランソワーズになるとずっと夢見ていたよ。いつかジョーに会えるってね。

| しゃち | 2006/02/04 00:58 | URL | ≫ EDIT

そうかー。泣きそうになっちゃったかー。
涙腺、ゆるみっぱなしだ。
ジョーはかっこよかったね確かに。
実は私はキャンディ・キャンディに憧れて、
こっそりソバカスとかサインペンで描いたりしたよ。
今思えば、シミにしか見えなかったけど。

| 漫ガンマン | 2006/02/04 01:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mangunman.blog29.fc2.com/tb.php/20-678b2aea

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。