PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

きたがわ翔『刑事(デカ)が一匹…』



◇4巻(続刊中) ◇講談社 ◇ モーニングKC
■『刑事が一匹…』amazonのサイトへ
「刑事(デカ)ってのはまともな人間にできる商売じゃねえ
だが……刑事(デカ)がいなくなったらこの世はおしまいだ」

高円寺大樹は美鳥県警中王署の不良刑事(デカ)。
時に暴走する高円寺を署内では完全に無法者扱いするが、
彼の犯人逮捕への執念は、誰よりも熱く激しい。
ある日、中王署に梶山めい子という女にストーカーされていると訴える
堀アイコという女性がやってくる。
しかし、対応した刑事はアイコを全く相手にしなかった。
何度も彼女の訴えを無視し続けた中央署だったが、遂に事件が起こる。

高円寺の熱血っぷりがすごい。
彼と同じ署で働く東大卒ノンキャリの刑事・三鷹も
「刑事はサラリーマンだ」と高円寺に反発しながらも
高円寺の生き様に感化されていく。
話は刑事物だけあって、とっても濃くて熱い。
まるで桶川ストーカー事件を彷彿させる警察の怠慢っぷりに怒り沸騰。
マンガと知りつつも真剣に激怒してしまった自分が心配。
ストーカー女・梶山めい子があまりに人間離れしていて怖い。
これはあれだ、『座敷女』に似た怖さ。

高円寺のような真っ直ぐな刑事が、各署に一人はいてほしい。

「悪いが俺に組織は通用しねぇ この先ものたれ死ぬまで
俺はただの……刑事(デカ)一匹だ」

キャ~~~~~~~~~~
スポンサーサイト

| 青年誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mangunman.blog29.fc2.com/tb.php/26-e88e6263

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。