PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

一色まこと『ピアノの森』



◇11巻(続刊中)◇講談社 ◇モーニングKC
■『ピアノの森』amazonのサイトへ

森の中に捨てられたグランドピアノ・通称『森のピアノ』。
誰にも弾けないと言われているそのピアノを唯一弾くことができるのは、
幼い頃から『森のピアノ』をおもちゃに遊んでいた
少年・一ノ瀬 海(カイ)だけだった。
やがてカイは、転校生の雨宮修平との出会いをきっかけに
音楽教師・阿字野に導かれ、その天性の才能を開花していくーー。

前から気になっていたんだけど、なかなか読む機会がなかった。
いやー、早く読んでおけばよかった。
森にひっそり佇むグランドピアノがステキ!
普通に弾いても音が出ない『森のピアノ』が
カイが弾くことによって息を吹き返す。
裸足の少年が森の中でピアノを弾いているシーンは
とても感動的だった。本当に旋律が聞こえてくるようで驚き。
この作品の良いところは、天才型のカイ VS ピアノの英才教育を受けている
子供達との、単なるピアノ合戦ではないところにあると思う。
それぞれに悩みを抱え、お互いに励まし合い、自分の音を見つけていく。
成長していくカイのピアノがとても楽しみ。

私は子供の頃、ピアノ教室に通ったことがあるが、
何と両手を使ってのレッスンに入る前に辞めてしまった大バカ者である。
恥ずかしくて「習ったことがある」とはとてもおこがましくて言えない。
「弾けたらちょっとイイ感じかも…」と数年前に衝動買いしてしまった三線も、
今では半年に一度くらい、蛇皮が破れていないかチェックするだけになった。
三線が気の毒だ……。私なんかに買われてしまわれたばっかりに
手入れと調弦ばかりされて、ちっとも息を吹き返さない。
スポンサーサイト

| 青年誌 | 01:34 | comments(1) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

あれは明日から『ちょうちょ』を習うといわれた直前にやめたような。。
わかめからパンダに保育園が移動になったから??
最近の漫画は音楽物とか専門職っぽいのとか、昔に比べて数段漫画自体の質があがった気がするよ。
自分の人生振り替えさせられるような~~

| じょーじ | 2006/04/11 00:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mangunman.blog29.fc2.com/tb.php/32-410d7a10

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。