PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

多田かおる『デボラがライバル』



◇文庫全2巻 ◇集英社
■『デボラがライバル』amazonのサイトへ

大学生になり、一人暮らしを始める事になった朝代。
ラッキーなことに、引っ越したマンションのお隣さんは超美形の金髪青年。
しかし、デボラと名乗るその青年は、由緒正しいお茶の家元の跡取りで
女には興味がない「おかま」だった。

悲しいことに、今はもう亡くなってしまった多田かおるさんの人気作品。
本当に惜しい人をなくしたと思う。少女マンガ界の大きな痛手。
連載をリアルタイムで読んでいたけど、
今読んでも多田さんの笑いのセンスは独特で色褪せない。

デボラがオカマ言葉であるにもかかわらず、意外と男らしく
朝代だけにはムラムラくるっていうところもかわいい。
デボラの婚約者の登場に朝代が嫉妬したり、
おかまのデボラとの交際を認めない朝代の父親が
勝手に朝代の相手を見つけてきたり、デボラと朝代の恋愛は波瀾万丈。
でも根っからの悪役がいないところが、多田作品の素晴らしいところ。
多田さんの作品のように、難しく考えずさくさくとテンポよく読めるマンガって
あるようでなかなかないんだよなー。
しかも読後感がとても気持ちがいい。明るくなれる。
もっともっと彼女のマンガを読みたかった……。
スポンサーサイト

| 女性誌 | 00:00 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

ほんとに惜しい人をなくしたよね。
しかも命日が私の誕生日なのもなんだかびっくり。
確かに全部おもしろかった。。未完で終わったいたずらなKISSが切ない。。。
ちなみに池袋は素敵なとこだよ!

| じょーじ | 2006/05/28 01:31 | URL | ≫ EDIT

池ブーは素敵なところときたか…。
うーん、でも何だか憧れの対象にならないのはなぜか…。
多田かおるさんの事は本当に残念。
続きが読みたかったねー。

| 漫ガンマン | 2006/05/28 01:45 | URL | ≫ EDIT

私の大好きなデボラがいよいよ登場か!
映画では吉川ひなのが朝代、デボラが谷原章介(?)だった。
納得いかない。
朝代はもっとちっちゃくてかわいくて、どんくさいイメージ。
デボラはもっとケバくて、でもクールな美青年のはずなのに。
オダギリジョーあたりがやってくれればよかったなぁ。
朝代は意外なところで、紺野あさみ(モー娘)。どうよ。
あああ。多田さんの新作が読みたい。本当に残念でならない。
そうそう。私も池袋はダサイに1票。すまぬ。じょーじ。

| しゃち | 2006/05/29 00:06 | URL | ≫ EDIT

ふふ、池ブーダサイは2票になったか。
そうだよねやっぱり。渋谷と池ブーでどっち行くかといったら
やっぱり渋谷になるでしょう。有無を言わさず。
映画は見てないけど、聞いてるだけで
何だかとってもミスキャスティング。
オダギリジョーもいいねー。要潤は? 尖りすぎ?(顔が)
紺野あさみって存在も知りませんでした。
何だか田舎から出てきたばかりの浜崎あゆみって顔してるね。
やばい見つかったらファンに祟られる。

| 漫ガンマン | 2006/05/29 23:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mangunman.blog29.fc2.com/tb.php/36-a219e4d2

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。