PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

今市子『百鬼夜行抄』



◇13巻/文庫7巻(続刊中) ◇朝日ソノラマ ◇眠れぬ夜の奇妙な話コミックス
■『百鬼夜行抄』amazonのサイトへ

妖魔が見える飯島律とその家族が繰り広げる、
怖いが面白くもある日常を描いている作品。

初めに『百鬼夜行抄』を読むようになったのは
文庫本が平積みになっているのを見て、暇つぶしに買ってみたのがきっかけ。
それが結構面白くて、衝動買いした本にしてはすごく得した気分になれた。
終いには文庫本を待っていられなくて、コミック自体にも手を出してしまった。
妖怪や霊界の存在がすごく綺麗に描かれていると思う。
ちょっと怖い話もあるけどサブキャラがとても愛嬌があって楽しい。
特に律の家来になる尾白と尾黒は、
作者が文鳥を飼っているだけあって表情が豊かで可愛い。
長いスパンで話は続いているが、1話完結なのでとても読みやすい。
時々人間の描き分けでわからなくなってしまうこともあるけど
そんなことも気にならないくらい、話の作りが上手い。
読み進めていく内に「なるほど、だからああだったんだ」とか
最後につじつまが合う話がたくさんあって、
作者の構成力には驚かされる。頭良くないと描けないよ。
あーあ、どんどん続きを出してくれないかなー。
でも掲載されている雑誌が『ネムキ』っていう
隔月の雑誌なんだよなー。
なのでコミックは1年に1冊くらいのペースでしか発行されない。
それだけが残念です。
スポンサーサイト

| 女性誌 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mangunman.blog29.fc2.com/tb.php/7-f57c7a24

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。