PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

槇村さとる『おいしい関係』



◇文庫全10巻 ◇集英社 ◇ YOUNG YOU漫画文庫
■『おいしい関係』amazonのサイトへ


おいしいものが大好きな元お嬢様・百恵が、シェフ・織田の味に惚れ込んで
選んだ就職先は、洋食屋の『プチ・ラパン』。
織田にどなられながらも百恵の見習い修業が始まる。
少女マンガなのでもちろん恋愛も絡みつつ、
百恵が料理人として成長していく物語。

槇村さとるの作品は小学生くらいの頃(別冊マーガレット時代)から読んでいるけど
中でも『おいしい関係』は一番の長編で、ドラマ化になったりして話題になった。
主人公の百恵が恋をしたり、料理で挫折したりで成長していく過程で
一緒になって緊張したりホッとしたりできるんだけど、
槇村作品は全体に説教くさい感じがするんだよなー。
いや、いいんだけどさ、それでも。勉強になることもあるし。

あと蛇足だけど、気になるところと言えば
作中、百恵の恋敵となる可奈子さんの性格が結構怖く描かれているけど
いい子ぶりながら、可奈子さんの言葉の節々に疑問を抱く
百恵の性格の方が悪い気がするのはなぜ?
でもまあ出てくる料理もおいしそうなので、百恵の性格には目をつぶろう。
長編なので読み応えはすごくある。
スポンサーサイト

| 女性誌 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mangunman.blog29.fc2.com/tb.php/8-cbabeb88

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。